坂本慎太郎

1967年9月9日大阪生まれ

1989年: ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。
21年間で、3本のカセットテープ、10枚のスタジオアルバム、1枚のスタジオミニアルバム、7枚のシングル、2枚のライヴアルバム、1枚のリミックスアルバム、2枚組のベストアルバムを発表。すべてのアートワークを坂本慎太郎が手掛ける
2006年: アートワーク集「SHINTARO SAKAMOTO ARTWORKS 1994-2006」(小学館) 発表。
2010年: ゆらゆら帝国解散。解散後、2編のDVDBOXを発表。
2011年: 自身のレーベル、”zelone records”にてソロ活動をスタート。1stソロシングル『幽霊の気分で』 、1stソロアルバム『幻とのつきあい方 (How To Live With A Phantom)』を発表。
2012年: NYの”Other Music Recording Co” から、『How To Live With A Phantom』がリリースされる。
2013年: シングル『まともがわからない』(TXドラマ24「まほろ駅前番外地」のエンディング曲) と同ドラマ劇中音楽を手掛ける。
2014年: Mayer Hawthorneとのスプリット7inch vinylが、全米/全欧のRecord StoreDayでリリースされる(zelone/Republic)。2ndソロアルバム『ナマで踊ろう (Let’s Dance Raw)』を発表。NYの”Other Music Recording Co.”から『Let’s Dance Raw』がリリースされる。
7inch&digitalにてシングル『あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団』を発表。
2016年: 3rdソロアルバム『できれば愛を (Love If Possible)』を発表。7inch&digitalにてオノシュンスケとのシングル『ディスコって』を発表。VIDEOTAPEMUSICとの共作12inch「バンコクの夜」をEMレコードより発表。
2017年: NYの”Mesh-Key Records”からUS盤LP『Love If Possible』がリリースされる。独ケルンで開催された「WEEK-END Festival #7」にて初のソロライブで出演。Devendra Banhartとのスプリット7inch vinyl『Another Planet』 (独Slow Boy Records) をリリース。

ソロ作品の全アートワークを始め、様々なアーチストへのアートワーク提供、楽曲提供他、作品は多岐に渡る。